認定セラピスト

認定セラピスト認定ファシリテーター

【加藤 あきこ】愛知県名古屋市 名古屋市営地下鉄東山線 星ヶ丘駅 徒歩4分

加藤 あきこ -Akiko Kato-

−Q.Essence of Heal のアロマセラピーを学ぼうと思った理由を教えてください。

ケイ先生の著書に感動したからです。

私はメディカルアロマからアロマセラピーの学びを始め、身体に及ぼす作用を知ることが楽しくて仕方ありませんでした。でも、学びを深めていくうちに、だんだんと薬理作用重視のアロマセラピーに疑問を持つようになりました。それは、”リラックスしたいと言っているのに、活性の精油を選ぶのはなぜだろう?”ということでした。その答えが知りたくて、本で調べたり、アロマの先生や仲間に聞いてみましたが、納得のいく答えは得られませんでした。

そんな時、ケイ先生の著書『人生を変える!奇跡のアロマセラピー教室』に出会いました。

読み始めてすぐに「これだ!!」と感じ、ケイ先生の元でアロマセラピーの学びを深めたいと思いました。

そして、私の疑問の答えは初回のレッスンでものすごく腑に落ちるお答えをいただき、あっさり解決しました。アロマの知識も深く、ホリスティックな考えを持ちながら中庸でいる先生に懐の深さを感じ、名古屋から受講しに来てすごく良かったと思いました。

 

 

−Q.実際にコースを受講されて、いかがでしたか?(受講の感想)

レッスンなのに毎回セラピーを受けているような感覚でした。特に香りのイメージングの時間では、自分の癒しそのものでした。今までアロマセラピーをしていて、こんなにも深く自分と向き合うことは無かったので、香りを使って自分の本当の声を聴く、とても貴重な時間でした。「本当の私はこんなことを思っているんだ…」と、たくさんの気づきを得ることができました。

また、私が特に印象に残っているレッスンは2つで、1つはアロマセラピーの基本であるメカニズムのレッスンです。幾度となくメカニズムのレッスンを受けてきましたが、資格取得のテスト勉強のために順番だけを覚えていたので、きちんと自分の中にメカニズムを落とし込めていませんでした。でも、ケイ先生のレッスンを聞くことにより、やっと今までの知識と繋がり、メカニズムってものすごく面白いなと思いました。アロマが「いい香りでリラックス」だけじゃなく、私たちの心身にこんなにも壮大なことが一瞬で起こっているんだと感動し、深く理解することができたおかげで、よりアロマセラピーを好きになれたし、「自然の力」のすごさを改めて感じることができました。

もう1つは、精油のレッスンの時に話されていた「分からない部分を楽しむ」という言葉でした。

講師を目指す私は頭でっかちになっていて、「聞かれたことにすべて答えられなければいけない」とか

「分からないことがあってはならない」と、完璧を目指しガチガチでした。でも、アロマセラピーは自然の恵みである精油を使うセラピーです。いわば自然相手なので、私のちっぽけな完璧に収まるはずもありません。ケイ先生は、「分からない部分をもっと楽しみ、それを面白さにかえて、興味を持って学びを進めていけばいいんだよ!」と体験談とともに教えてくださいました。「分からないことがあってもいいんだ!!」と、肩の力が抜けたのをよく覚えています。私にとってギフトとなる言葉でした。

 

 

−Q.Essence of Healメソッドの、どういった部分に魅力を感じましたか?

私は以前から、チャクラ理論や中医学、陰陽五行説といった伝統医学が好きで興味がありました。

更に、象形薬能論(特徴類似説)をベースとしたアロマセラピーを学べるのが大きな魅力でした。伝統医学に重ねるアロマセラピーは、”先人たちの知恵”との融合で、生きていくうえで知っていると役立つことばかりです。昔からある知恵なのに新しい発見の連続でした。

象形薬能論は簡単なのにとても理にかなっていて、アロマセラピーを行うすべての人に知ってもらいたいと思うほど大好きなメソッドです。そして、香りを使い自分と向き合う”香りのイメージング”の時間が特に素晴らしいです!イメージングの内容をその場にいる皆でシェアするのですが、それが本当に特別な時間で、心震える体験を何度もしました。

 

 

−Q.Essence of Healのアロマセラピーを学んでみて、よかったこと。変化があったことなどを教えてください。

まずは、信頼できる先生と、たくさんの仲間に出会うことができたことが何よりの財産です。そして、私自身、精油を心から愛おしく思えるようになり、香りを自由に楽しめるようになったことが大きな変化です。以前の私は、精油はお薬みたいに使える便利なものに過ぎなかったと思います。なので、香りを楽しむなんて二の次でした。もちろん薬理作用も大切ですが、それよりも好きな香りを使い、本当の自分を知り、整えていく方がセラピーの本質ではないかと思うようになりました。それは、私がアロマセラピーを続けていく上でとても大きな気づきで、”私がしたいアロマって何だろう?”と、立ち止まって考えるきっかけになりました。

 

 

−Q.アロマセラピストとして、またはファシリテーターとして、何を大切に仕事をしていきたいとお考えですか?

自分を整えることです。それは、本来の自分でいることに繋がります。

私は香りの力を借りて「今」の自分の状態を知り、整えています。

セラピーを通して思うことは、目の前のクライエントさんは自分の鏡になるということ。

自分が抱えている感情と同じような悩みを持った方が、なぜか目の前に現れます。

以前の私は、いつも相手に同調しすぎてしまったり、過度なサービス精神でセラピーの後はグッタリしていました。寄り添い方を間違えていました。相手に同調するということは、本来の自分じゃありません。軸がグラグラしているので疲れてしまいます。本来の自分でいれば軸がしっかりできているので、揺らがず中庸でいられます。目の前のクライエントさんや生徒さんが私の鏡ならば、整った私が行うセラピーや講座は、きっとお互いにとって豊かな時間になるだろうと確信しています。

お会いしている時間が豊かな時間になるよう、いつも本来の自分でいることを大切にしています。

 


―サロン紹介―  

Holistic  Aromatherapy  School 

aromacote(アロマコテ)

 

 

愛知県名古屋市

名古屋市営地下鉄東山線 星ヶ丘駅 徒歩4分

URL  http://aromacote35.com

 

 

名古屋の東部、星ヶ丘にあるHolistic Aromatherapy School aromacote(アロマコテ)です。

古いアパートメントの一室で、アロマスクールや調香レッスン、あなただけの特別なブレンドオイルづくりのパーソナルアロマブレンドや季節に合わせたアロマクラフトづくりを行っています。

aromacoteが大切にしているのは、どなたでも気軽に香りを楽しんでいただく場所であるということです。

すごく当たり前のことかもしれません。でも、学ぶ以前に大切なのは「この香りが好き」とか「この香りはなんだか苦手」と、ご自分の感覚を楽しむものだと思います。アロマのことを知っていても知らなくても、香りを楽しみたい人が気軽に来れる…そんな場所でありたいと思います。

大自然の恵みである精油は偉大です。私たちの感覚を素晴らしく目覚めさせてくれます。私たちも自然の一部なので、身体はもちろん心や魂にまで香りが響きます。それは、精油が植物のありのままの姿を液体化したものだからだと思うのです。好きな香りや苦手な香りにはすべて意味があり、それは精油からのメッセージ。メッセージを知ると、自分の内なる声を知ることができます。この内なる声に素直にしたがっていくと、本来の自分に戻ることができます。それがaromocoteの目指す『わたしに還るアロマセラピー』です。

本来のわたしに還ると固定観念や不要なプライドを手放せるのでラク~に生きられるようになります。

そして、そんな自分を心から楽しめるようになります。まさに自然体。調和がとれている自分でいられます。

aromacoteでは『いい香りでリラックス』も。その先も。

いつでも『わたし』に還れるよう、お一人お一人に寄り添いながらスクールや香りづくりでサポートさせていただきます。

 

ページトップへ